文化・芸術

愛知トリエンナーレ

Cimg4817

「愛知トリエンナーレ2010」って、いまいちその全体像がイメージ出来て

いなかったのだが、とりあえずha-ちゃんと主会場である愛知芸術文化

センターに行ってみることにした。

まずホールに出現している、きみどり色の胡瓜か糸瓜を連想させる超巨大な

オブジェに目がくぎづけになる。(カメラを持っていかなかったのが残念)

何ヶ所もの会場を日をわけて見られるというのでチケットを購入して

この巨大なオブジェの中に入ってみる。特殊な布製、どうやって作ったんだろう。

建物の外なのだが中の空気とつながっている?!みたいなボランティア君

の説明だったけど・・・

現代美術ってむつかしく考えなくてもいいんだろうねえ。

その後キッズトリエンナーレという子供が自由に材料を使って好きなものを

作っていいという会場に移動。

そこでha-ちゃんが作ったのが写真「魔女の帽子」

先ほどみたきみどり色のオブジェがこの画用紙の色を選ばせたのかな?

ポスターに使われている草間弥生さんのオブジェや他の展示をみたりと

結構楽しめた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立新美術館

Cimg4749 Cimg4754

池袋での用件が終わって今回は今、六本木の国立新美術館で開催されている

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」へ寄ることにした。

オルセー美術館の印象派などの展示スペースが改装される期間を利用して

特例的に実現した「空前絶後」「ベスト・オブ・オルセー」といえる展覧会とのこと。

(美術館も見てみたいし、これは是非とも行かなくちゃね。)

セザンヌ、ゴッホ、ルソー、ゴーギャン、ロートレックなどなどの名作が

ずらずらと並んでいて圧巻だった。

ゴッホの「星降る夜」、ルソーの「戦争」、ロートレック「女道化師シャ=ユ=カオ」

などが特に印象に残った。

何点も出ていたスーラの点描画も印刷のものではわからなかった色彩や

筆使いがよくわかった。

乗り継ぎで結構時間がかかったり、たくさん歩いたりしたが、それでも

大都会東京で、一人で行きたいところに行ける、

というのは幸せなことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)