« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

「母の贈りもの」

Cimg5284

アン・モロウ・リンドバーグの「海からの贈りもの」吉田健一氏の文庫本で

読みかけてもいつも最後まで読み進めなくてあきらめていた。

今度、落合恵子さんの新訳で読んであらためてこの本が長い間なぜ

読み継がれてきたか解った気がした。

そこで彼女の末娘であるリーヴ・リンドバーグが母アンの最期の日々を

描いた「母の贈りもの」を読んでみたのだが、これがまた読み終えた

後、心にずしーんと何かを打ち込まれたような衝撃であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショール

Cimg5285

今年の第一作ショールが完成!

透けている感じを写したかったのだが、これではカーテン

みたいに見えてしまう。

これで2枚重なっているので実物はかなりスケスケ、ウスウス。

染めてない原毛を細めに、白からグレーの濃さを

4段階ぐらいに分けて紡いでみた。

始める前にイメージしたのとは微妙に違う仕上がりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久杉

Cimg5282_2

ある方のブログで屋久杉の端材無料プレゼントで戴いた屋久杉で

ボタンを作ったという記事を見て、屋久杉堂さんのホームページ

を見てみた。

1,000年を超える樹齢の屋久杉を使ったテーブルなどの製品はhpの

写真からだけでも凄い存在感が感じられる。

申し込んだらそんな年月を生きてきた屋久杉のかけらがこれも屋久杉の

名刺と共に送られてきた。

屋久杉の特に香りの強い部分であるとのことで、ヒノキなどとはだいぶ

違う香りである。

1,000年以上を生き抜いてきた木という思いが先立つからだろうか、

動物のにおいに通じるような生きているもののにおいのような

ものを感じた。ここにある年輪はこの木にとってほんの一瞬の時

なのだろうなあ・・・。

などと触ったり香りをかいだり屋久杉のロマンに浸ったのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほこりとり

Cimg5279

NHKの情報番組で紹介されていた「シリコーンゴムの粘着性と静電気を

活かしてしっかりほこりをキャッチ…」の「ほこりトリ」。

液晶画面にすぐついてしまうほこり、でも布で拭くのも

ためらわれてついつい見て見ぬふりにしがちで気になっていたので

さっそくハンズで購入。

まずネーミングが抜群。

形がかわいい。

かさばらなくって洗ってもティシューでさっと拭ける。

そしてほこりがとれる。

(満足度順)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュトーレン

Cimg5277 

yちゃんにおすそわけしてもらったシュトーレン。

有名老舗洋菓子店(名前は失念)のもので本当においしい。

シュトーレンは以前にも食べたことはあるはずだが強い印象も

残ってないところをみるとこのシュトーレンが特別美味しいのか

もしれない。

検索してみるとシュトーレンの人気ランキングがあったりしてそれを

見たりするとシュトーレン食べ比べをしたくなって困ってしまう。

さらに困るのはこれは1個が大きいので買ってしまったら

かなりの量を一人で食べ続けなくてはいけなくなるのだ。

危険、危険!

グルメブロガーのランディさん一押しシュトーレンは1個4,200円だけど

充分その値打ちがあるそうな。

そんなの読んだらますます危険、危険!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cimg5274_2

二日続きの積雪となった17日朝、ベランダから公園を見ると

桜の枝が真っ白になっていてとてもきれいだった。

名古屋の積雪は9センチと報道されていたけれど

この後もまだ積もって感覚的にはもっと多かった気がする。

まだまだ厳しい寒さは続きそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬温泉

Cimg5257

お正月、一人延長して4泊したha-ちゃんを神戸に送って行き、yちゃんに有馬温泉

の「会席料理と日帰り温泉」に連れて行ってもらった。

これは有馬温泉のなかほどににある「湯けむり広場」のかっぱの像。

湯けむりという名前からしてどこかに湯けむりが上がっているのかと

思ったけれど池は一面の厚い氷。かっぱもなんか唐突。

帰ってから調べた写真には後方に噴水が出ていて、それが湯けむりの

イメージであって本物の湯気がでているのではないんだそうな。

冬場は凍るから噴水は出してないのかもね。

このかっぱは姉妹都市の定山渓温泉から送られたもの、この右側の

方にこの地にゆかりの深い秀吉の像もあったらしいが気づかなかったなあ。

宿の温泉は空気にふれると茶褐色になる成分とのことで(金泉)ちょっと

舐めてみたら塩辛く鉄っぽい変わった味がした。

温泉もお料理も、坂の多い商店街もたいへん結構でした。

Cimg5268

お土産はこれ。

袋に魅かれて買ってしまった。ちなみに「ぼけまへん」にはイチョウの

葉の粉末が入っている。

とっても懐かし系のお味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジグソーパズル

R0011139

毎年、年末年始恒例のジグソーパズル、今年のはピースが透明で

一つのサイズがとっても小さいので場所をとらないし、出来上がりを

糊で固定しなくてもピースがからみあって一枚の板のようになる

すぐれもの。

でもあまりのピースの小ささにこの段階ではさっぱりはめられず

一先ず撤退。

完成間際でふたたび参戦、いくつかのピースをはめて「ハッピーバースディ」

のカンセーイ!

昨年は大型ジグソーを未完のままでみんなが帰ってしまい、大量に

残った部分をするのにたいへんだったけれど、今回は大晦日の内に

余裕で完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月過ぎて

R0011183

「あけましておめでとう」と挨拶を交わしてから気づけばはや

2週間過ぎた。

歳を取ると一年過ぎるのが早く感じるのは出来事が記憶に留まる割合が

少なくなる、つまり忘れることが多くなり、その結果あっという間に一年が

過ぎた気がする、という説を読んだけど一理はあるような気がする。

それはともかく新しいこの一年元気で過ごしたいものです。

(Sクン、写真拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »