« ヘレンカミンスキー | トップページ | 鶴舞公園のばら »

ノリタケの森

Cimg4664

久しぶりの「ノリタケの森」

エントランスのバラは今満開(5.11)

趣のあるレンガの建物や広い庭、アウトレットのショップなど有料部分に

入場しなくてもお散歩気分で楽しめる。

ある絵画グループが当日スケッチをするというので見学がてら出かけたが

断続的に降る小ぬか雨のため中止になったらしくそれらしき方々見当たら

なかった。

Cimg4667

「「10Hands Collaboration  5人の手から生まれた形

常滑・九州・イギリス」展 というのをやっていたのでこの建物を左手に見ながら

「ノリタケの森 ギャラリー」へ寄った。

その日のギャラリー当番は常滑で作陶しているイギリス人Peter Seabridgeさんで

フロフィルをみると私のhometowmに在住とあったのでだれもいないのを

いいことに話しかけてみた。(在日17年と書いてあるのでさずが日本語じゃないと

失礼と思いEnglishは試みられずちょっと残念!)

イギリスといえば磁器というイメージだが、実用というよりも

部屋に飾る、という用途で好まれることだとか、バーナードリーチや

濱田庄司の影響が大きいとか、まあそんな話を伺ったり、日本人の奥様は

英会話を教えているとか・・・物静かな語り口のgentleman でした。

作品で気になったの小石原の太田剛速氏の小ぶりの急須。

一人使いにぴったり、でも今回は見ただけ。

|

« ヘレンカミンスキー | トップページ | 鶴舞公園のばら »

クラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345560/34717586

この記事へのトラックバック一覧です: ノリタケの森:

« ヘレンカミンスキー | トップページ | 鶴舞公園のばら »